California Transparency

2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法および2015年英国現代奴隷法

エコラボの倫理的な調達基準は、グローバルサプライチェーンへの取り組みを象徴するもので、エコラボへ直接納入を行うサプライヤーの皆様が、それぞれの従業員の衛生と安全、人権を守るよう求めています。サプライヤーの皆様は、職場における強制労働や児童労働の禁止、衛生・安全や公正な給与の確保、嫌がらせの禁止について基準を満たす必要があります。

  1. ホーム
  2. 会社案内
  3. サプライヤー
  4. 2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法および2015年英国現代奴隷法

お問い合わせ

お問い合わせ

比類のない専門知識と最先端の技術を誇る私たちは、世界水準の業績と最適化された運営の実現に向けて、お客様とともに取り組んでいます。詳細をご希望の場合、ぜひ当社にご連絡ください。

お電話ください

エコラボ合同会社
〒169-8631
東京都新宿区高田馬場 1-31-18
高田馬場センタービル

一般的なお問い合わせ:電話:+81-3-5285-2653 Fax:+81-3-5285-2655

エコラボ・インスティチューショナル・カスタマーサービス
電話:+81-3-5285-2673(9:00~17:00 年中無休) FAX:+81-3-5285-3416

エコラボ・フード アンド ビバレッジ・カスタマーサービス
電話:+81-3-5285-4726(月~金 9:00~12:00 / 13:00~17:00 祝日を除く) FAX:+81-3-5285-4771

QSR カスタマーサービス
電話:+81-3-5285-4728(9:00~17:00 年中無休) FAX:+81-3-5285-2627

お客様についてお知らせください
事業の所在地
ご希望のご連絡方法
お問い合わせ内容



2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法および2015年英国現代奴隷法へのエコラボの対応

エコラボの倫理的な調達基準は、グローバルサプライチェーンへの取り組みを象徴するもので、エコラボへ直接納入を行うサプライヤーの皆様が、それぞれの従業員の衛生と安全、人権を守るよう求めています。サプライヤーの皆様は、職場における強制労働や児童労働の禁止、衛生・安全や公正な給与の確保、嫌がらせの禁止について基準を満たす必要があります。エコラボは、サプライヤーの皆様が、それぞれの施設内で許されない状態や行為がないか検証し、もしあれば速やかに排除することを要求しています。エコラボは、人間の尊厳と、労働者が公正かつ同等に待遇される権利という基本原則を支持しないサプライヤーとは取り引きを行いません。私たちがサプライヤーの皆様に求めている基準は、国連の世界人権宣言や児童の権利に関する条約、また、労働における基本的原則および権利に関する国際労働基準に基づくものです。

2012年1月1日に施行された 2010年カリフォルニア州サプライチェーン透明法 (SB 657)は、ある一定の企業に対し、そのサプライチェーンにおける奴隷労働と人身取引の根絶に向けた取り組みに関して情報を開示するよう義務付けています。2015年に採択された英国現代奴隷法も、英国で事業を行う一定の企業に対し、同様の開示を求めています。

これらの法律に従い、エコラボは次の情報を開示しています:

  1. 検証。 サプライチェーンにおける人身売買および奴隷労働のリスクを検証しそれに対処するため、エコラボは、倫理規範に関する詳細なアセスメントプログラムを構築し、エコラボの事業の中でも奴隷労働や人身売買のリスクが高い部門のサプライヤーにその完全実施を要請しています。これは、サプライヤーがエコラボの倫理的な調達基準を順守していることを確証するものです。エコラボは、化学薬品、パッケージ、設備および契約製造部門のサプライヤーの皆様に対し、このアセスメントの完全実施を要請しています。また、今後は更に多く幅広い分野のサプライヤーの皆様に同アセスメントの実施を求めて参ります。サプライヤーの皆様には、従業員の人権保護や、人身取引および奴隷労働の防止・撲滅への取り組み関する社内における方針の内容のみならず、管理の実務に対しても検証が行われます。
     
  2. 監査。 エコラボは現時点において、サプライヤーに対し、そのサプライチェーンでの人身取引および奴隷労働に関する現地監査を行っていませんが、現在の監査プログラムの範囲を拡大し、人身取引や奴隷労働の基準を組み込むかどうかについて検討しています。

  3. 証書。 エコラボはすべてのサプライヤーに対し、適用される政府規制およびエコラボのグローバルな反人身取引対策を含むエコラボの方針・手順に従うことを要請します。私たちは毎年、該当するサプライヤーの皆さまにエコラボの政策についてお伝えしていますが、現時点で証明は要求していません。

  4. 責任。 エコラボの従業員は当社に対し、エコラボの行動規範およびグローバルな反人身取引対策をもとに、エコラボが奴隷労働および人身取引に関する基準を満たしていることを確認する責任を負います。エコラボの行動規範には、従業員と請負業者は、倫理的な調達方法を選択するよう記されています。また、エコラボのすべてのサプライヤー、代理業者、コンサルタントには、適用される政府規制と当社の方針・手順を順守するよう求められることも明記されています。グローバルな反人身取引対策は、エコラボの取締役、役員、従業員だけでなく代理人、契約業者、サプライヤー、販売代理店およびベンダーに対し、人身取引に関わる行為の防止における特定の要求や禁止事項に関する詳細が規定されたものです。

  5. トレーニング。 エコラボでは、取引するサプライチェーンと購買担当者、ならびにそのサプライヤーに対し、現代の奴隷労働に関する内容を含むエコラボの倫理的な調達に関する基本方針および手順についてトレーニングを実施しています。

エコラボサプライチェーンお問い合わせ先

本社、370 N. Wabasha Street, St. Paul, MN 55102-2233 | 電話:+1 651 293 2233

EMEA 本社、Richtistr. 7, 8304 Wallisellen, Switzerland | 電話:+41 44 877 2000

2 International Business Park, #02-20 The Strategy Tower 2, Singapore 609930 | 電話:+65 6505 6868

Av UN 17,891, 6th Floor, Santo Amaro, Sao Paulo-SP, Brazil | 電話:+55-11-5644-6500