BerhardMeyer

Bernhard Meyer, Ph.D.(バーンハード・マイヤー)

ヘルスケア産業の感染予防を専門とし、特に手指の衛生、 機器の再処理、環境衛生を中心に業務に当たっています。これまでに、消毒剤、防腐剤、および同薬剤の健康への影響に関する研究を複数行っています。20 件を超える科学論文や書籍の章を執筆しており、ドイツのデュッセルドルフの公衆衛生アカデミーでは 15 年以上講師を務めました。
  1. ホーム
  2. 専門技術 & 技術革新
  3. 専門家
  4. ヘルスケアの専門家
  5. Bernhard Meyer(バーンハード・マイヤー)

Bernhard Meyer, Ph.D.(バーンハード・マイヤー)
RD&E ヘルスケア部門上級科学者

マイヤー博士は、製品開発と技術サービスを担当しており、製品の有効性とアプリケーションテストを受け持っています。スクリーニングと確認テストの戦略策定のほか、結果分析と内容の承認を行います。また、科学関連の刊行物や委員会の業務にも積極的に取り組んでいます。その一方で、EMEA 地域の国際イベントの講演者としても高く評価されています。新しいバイオサイドや医療機器、医薬品の登録を、規制関連担当チームと協力して行うことも、マイヤー博士の重要な業務のひとつです。規制関連業務には、製品コンプラアインス確保のためのガイドライン作成支援という形でも関わっています。

ドイツのボン大学で生物学を学んだ後、微生物学研究所で科学的研究を続けました。博士論文を終えた後は化学業界に進み、エコラボの複数の事業部で活躍、その後ヘルスケア事業部で微生物を専門的に扱うようになりました。ドイツの Disinfectants Test Method Commission for Applied Hygiene やドイツ規格協会に在籍しており、ドイツ、モンハイムの最先端施設を拠点とするエコラボ RD&E コミュニティのメンバーとしても尊敬されています。