whypurate

Purate™ 二酸化塩素のメリット

まず簡単に説明すると、Purate は総コストの面で最も優れたオンサイト二酸化塩素(ClO2)生成技術です。ClO2 なら Purate が最適です。メリットとしては、2 種類の薬注、塩素ガスを使用しない導入、効率のよい塩素酸塩の変換、グローバルなサポートなどが挙げられます。このページでは、Purate と他の一般的な ClO2 技術とを比較した結果についてご説明します。

  1. ナルコ チャンピオン ホーム
  2. Purate のメリット

メリット

総コストの面で優れた技術

全体的なコストを評価
ClO2 システムには、設備投資や、注入薬品の継続的なコストが伴います。賢いお客様は、設備と薬品を合わせたコストに応じて、利用可能な選択肢を評価します。その過程で、Purate は明確な選択となるでしょう。

総コストを考えると、たとえ亜塩素酸塩生成装置が無料であっても、決してお得ではないことが分かります。Purate は、毎日節約効果をもたらします。Purate は、総体的に最高の価値を提供するという意味でも、優れた技術であると言えます。

第一のポイント - 質の高い設備
Purate 技術を用いた SVP-Pure 生成装置は、設計の質、構造、信頼性の面で卓越しています。市場では、安価な亜塩素酸塩生成装置が手に入ります。しかし、低品質の設備を導入しても、多くの問題に悩まされるだけです。Purate はさまざまな生成装置を提供していますが、いずれも高品質で確かな構造が特徴です。

第二のポイント - 薬品のコストに関する Purate の経済的メリット
化学物質には継続的なコストが伴います。そして多くの場合、注入薬品の年間コストは生成装置の購入額を上回ります。化学物質のコストに関しては、Purate は亜塩素酸塩を用いるシステムよりも技術と経済的なメリットの面で優れています。

その理由
Purate 技術は、亜塩素酸ナトリウムを用いた他の競合プロセスとは異なり、塩素酸ナトリウムをベースとしています。これは何を意味するのでしょうか。亜塩素酸ナトリウムを生産する業者は、塩素酸ナトリウムから亜塩素酸ナトリウムを作ります。そのプロセスは、ClO2 を生産し、後で利用者が ClO2 へと再変換できるようにするため、それを亜塩素酸ナトリウムへと変換するという、非常にコストがかかるものです。一方弊社はオンサイトで塩素酸ナトリウムから ClO2 を生成するため、大きな経済的メリットがあります。

塩素ガス不使用

Purate™ 技術は注入薬品として塩素ガスを使用していません。また、副生成物として塩素を生成することもありません。塩素ガス不使用のため、塩素ガスの使用に伴う問題や費用が排除されます。

競合他社 - 塩素ガスの処理
亜塩素酸塩と塩素の処理では、リアクターとして多くの塩素を使用します。そのため、塩素ガスの取り扱いが必要になるだけでなく、二酸化塩素(ClO2)溶液にも塩素が含まれることになります。

亜塩素酸塩、HCl、およびハイポの処理において注入薬品として塩素ガスを使用しないことは明らかですが、HCl とハイポは亜塩素酸塩との反応において塩素を生成するために使用されます。余分なハイポと HCl はリアクターに注入され、それにより生じた過剰な塩素が ClO2 溶液に含まれることになります。

高い信頼性と扱いやすさ

多くのメリットを提供する PurateTM
Purate 技術による確実なオペレーションを保証するため、厳密なプロセスの見直しを行っています。

事故やダウンタイムにつながる障害を回避するため、生成装置は高品質かつ丈夫な部品で構成されています。Purate が間違ったタンクに注入されたり、Purate のタンクに別の製品が注入されたりしないよう、Purate を供給する際には特殊なホース接続を使用します。また、内蔵の PLC コントローラによりセットポイントやオペレーターへの処理情報の設定が簡単にできるため、セットアップや操作がより確実になります。

シンプルな 2 種類の薬品注入

より少ない注入でリスクを軽減
Purate™ は、Purate と硫酸の 2 種類の薬品を注入するシンプルなプロセスです。いずれも保存や取り扱いが簡単な薬品です。また、通常の構成物質は保管タンクやパイプでの使用に適しています。

亜塩素酸ナトリウムは取扱いが容易であるにも関わらず、競合他社のプロセスでは塩酸、塩素ガス、または次亜塩素酸ナトリウムが使用されます。これらの化学物質は取り扱いがより難しかったり、安全性に関して慎重な配慮が求められるか、または不安定で保管中に品質が落ちるなどの問題があります。3 種類の薬品を使う亜塩素酸塩プロセスでは 3 つの化学製品を保管し、扱わなければならず、また Purate 技術と比較して注入が 50% 多くなります。