暑い時期における対応

ソリューションストーリー
  1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. 暑い時期における対応
ソリューションストーリー

2012年7月、米国ハイプレーンズの住民は、1930年代からの観測史上最高の気温と干ばつに苦しんでいました。352,000 人を超える住民に電力を供給している現地の電力区では、気温が 105° F に達するとそれに著しく反応して電力の需要が急激に増加しました。

発電所は、電気を起こすために使用する浄化済みの河川水を大量に必要としていました。このような危機的な状況の中、この発電所の原水浄化装置の処理能力では、発電機で生産できる電力 - 地域住民が求めている電力の量が制限されるおそれがありました。そこで当社のソリューションを導入することになりました。

お客様の危機的な状況を回避するために開発されたソリューションが、長期的な改善に貢献。

年間 2 億 9,000 万ガロンの水および29,000 ドルを節約

私たちはこの発電所の技術スタッフと力を合わせてこの問題に取り組みました。鉱物の溶解度と腐食性を予測できる高度なコンピューターモデル、3D TRASAR™ オプティマイザーを使用したところ、機器に不具合を発生させるリスクを冒すことなく、発電所の冷却塔の凝縮サイクルを安全に増やし、発電機の稼働に必要な水の量を削減できることがわかりました。このソリューションは恒久的に機能するもので、発電所はピーク時に必要な地域の電力需要を満たせるようになり、またこの電力区では河川からの年間取水量を大幅に削減できるようになりました。

  • 取水量を年間 2 億 9,000 万ガロン削減 - これは平均的な米国の家庭 725,000 世帯の 1 日当たりの水使用量に相当
  • 浄化のコストを年間 29,000 ドル削減
すべてのニュース記事を見る詳細