Water Risk Monetizer logo with Ecolab Microsoft Trucost names

Water Risk Monetizer

Trucost および Microsoft と共同で開発された Water Risk Monetizer は、ビジネスに実用的な情報を提供し、水に関連するリスクの理解とリスクの財務的な数値化を促進して、ビジネスの成長につながる、責任ある意思決定を支援します。このツールは、www.WaterRiskMonetizer.com にて無償で一般公開されています。

  1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. サステナビリティ
  3. Water Risk Monetizer

お問い合わせ

お問い合わせ

Ecolab Global Headquarters
Office of Corporate Sustainability
1 Ecolab Place
St. Paul, MN 55102

コメントやご意見はこのフォームから送信してください。セントポールに拠点を置くエコラボのコーポレート・サステナビリティ・チームが対応いたします。

Water Risk Monetizer は、水不足を新たな視点から考慮した意思決定を可能にすることで、ビジネスの成長を支援し、後世のために真水の供給を確保するための財務モデリングツールです。

水関連のリスクの理解を支援

水不足は世界各地で企業活力に対する脅威となっており、スマートな水管理が企業に求められています。Water Risk Monetizer は、水の質・量が低下した際の影響について企業の理解を促進し、実用的な情報を提供することで、企業が水のリスクをビジネス戦略に転換して成長できるよう支援します。

世界の多くの場所で水の価値は過小評価され安く見積もられており、その結果、企業は業務に要する水の実際の価値を見落としがちです。配給や価格の高騰から水質の悪化、規制の強化まで、水のリスクは業務を中断し、製品の品質を悪化させ、支出を増やしてビジネスの成長を妨げる可能性があります。こうしたリスクにかかるコストの総額は、水にかかる費用を軽く超えることもあり得ますが、そうしたことはほとんど企業の水にかかるコストとしては考慮されていません。

水が不足する環境でビジネスを成功させるためには、水管理をビジネス戦略およびビジネスプランに組み込む必要があります。しかし、水の市場価格と水に関するリスクは同じレベルで語られることがないため、水関連の課題を解決するための投資は理解が得られにくく、また、場所の選定や事業の拡大に際して最適な決定を下しにくくなっています。Water Risk Monetizer は、企業が水関連のビジネスリスクを収益化し、現在企業が水にかけているコストと水に関するリスクにかかる潜在的なコストの間のギャップを企業が理解するためのデータと情報を提供することで、そうした問題を解決します。

Water Risk Monetizer は使いやすいツールで、企業が利用可能な水量と水質に関するリスクを金銭的に数値化できるようデザインされています。一般向けに販売されているこのファイナンシャル・モデリングツールは、これまでにはない新たなツールです。施設レベルで水の使用量、水にかかるコスト、水質、企業収益、生産予測に関する既存のデータを利用し、使用する水と排出する水の総合的な価値を、その地域の水不足のレベルに基づいて算出します。その際、水の不足量や水質など目に見える要素だけでなく、水利用による特定地域の人や健康、環境への影響など目に見えにくい要素も考慮したうえでリスクレベルを判定し、現在水にかかるコストと比較してリスクを提示します。

複雑な要因を、シンプルに

水の価値の査定、そして工場および会社全体における現在と未来の水不足の財務的リスクを評価すること-は、さまざまな要因が関わってくるため非常に複雑です。Water Risk Monetizer は、その複雑な要因を明確で分かりやすい評価手法に落とし込み、リスクをビジネスの言語、つまり金銭的影響に置き換えます。

地域最高クラスの水資源データセット、および Trucost により開発された実用的な手法と科学的手法により、ビジネスにおける水関連リスクの収益化を実現します。このツールにより広範囲に及ぶさまざまなリスクの測定が可能となり、利用する水の水質・水量におけるリスクと、排出する水の水質におけるリスクを企業が理解できるよう支援します。

施設レベルで水の総合的な価値を評価すると、次のようなことが分かります:

  • 利用する水に関するリスク:水利用における人々の健康とエコシステムへの影響、および将来利用する水の処理にかかるコストを金銭的に評価
  • 排出する水に関するリスク:外へ排出する水の汚染が人々の健康とエコシステムに及ぼす影響、および将来排出する水の処理にかかるコストを金銭的に評価
  • 収益に対する潜在的なリスク:水利用の影響の金銭的価値、それに対する企業活動に必要な水の供給可能量
  • 企業のリスク特性:向こう 3 年間に予測される生産量の増加と特定地域の水ストレスに基づいた各施設の評価
情報に基づいた意思決定

Water Risk Monetizer には、次のようなメリットがあります:

  • 事業にとっての水の総合的な価値を把握
  • 施設の予算、財務の見通し、ビジネスシナリオ、プロジェクトの企画書などにおいて、敷地内で利用する水と敷地外に排出する水にかかるコストを、リスクを考慮して推定
  • 従来通り市場の水コストのみでつくるビジネスモデルと比べ、リスク調整を行ったコストを活用し、リスクに基づいた投資への潜在的な利益を示すことで、積極的な水管理戦略を提示
  • 水量・水質および業務の拡大予測に基づき、リスクが最も高い事業/ロケーションを特定
  • 水の保全を優先し、ロケーション別の水関連リスクの深刻度に基づいて資源を再利用
  • どこでどのように生産を拡大するかを選択
  • 需要に応じるために業務を拡大する場所を選定
  • 優先順位に基づいた行動、リスクの最小化、パフォーマンスの最大化、ならびに水使用量の削減・再利用・リサイクルによる水コストの最適化という企業の水戦略が成功裏に進むように支援

Water Risk Monetizer は、水リスクが水の使用者によって発生するかどうかを予測するものではありません。リスク評価における水のリスクプレミアムや収益は、総合的なリスク評価プロセスにおけるデータポイントとして使用されるべきであり、現地の状態や事業の詳細に基づいて改良されることを意図しています。

エコラボが Trucost および Microsoft と共同開発

2014年に販売を開始した Water Risk Monetizer は、水処理技術とサービスのグローバルリーダーであるエコラボと、S&P ダウ・ジョーンズ指数に加わった、自然資本の価値確立におけるグローバルリーダーである Trucost、そしてモバイルファースト、クラウドファーストの世界をリードするプラットフォームや関連製品を生み出す Microsoft により共同開発されました。このコラボレーションを通じ、Risk Monetizer はそれぞれの企業が持つ専門的知見や高度な分析、Azure クラウド技術を活用。ビジネスリーダーが容易に情報にアクセスし、水不足の影響をよりよく理解できるようお手伝いします。

Water Risk Monetizer logo with Ecolab Microsoft Trucost names
Water Risk Monetizer のウェブサイト

Water Risk Monetizer に関する詳細とツールのご利用については、Water Risk Monetizer のウェブサイトをご覧ください。