会社案内

herojapanoffice460x290

エコラボは、1923年に米国ミネソタ州セントポールで創業しました。 エコラボジャパンは、1969年に事業を開始、主な営業部門であるインスティチューショナル部門およびフード アンド ビバレッジ部門の 2 部門は北日本から南日本までを網羅しています。

エコラボ合同会社 (Ecolab G.K.)
本社所在地 〒169-8631
東京都新宿区高田馬場1丁目31番18号 高田馬場センタービル
設立 1969年5月10日
資本金 2 億 8,450 万円
代表 職務執行者  渡邉 健太郎
従業員数 410名(2012年度)

国内事業所

  • サプライチェーン統括部
    〒270-0235
    千葉県野田市尾崎2398番地21 サンインキケミカル本社ビル3F
  • 野田工場
    〒270-0235
    千葉県野田市尾崎2398番地1
  • 志賀工場
    〒925-0375
    石川県羽咋郡志賀町若葉台 10番地 1
  • 研究開発室(ジャパンテクニカルセンター)
    〒332-0015
    埼玉県川口市川口3丁目3番地2 リプレ川口2番街2号館 3F
沿革
1969年(昭和44年)
米国の Economics Laboratory Inc. と日本のチッソ株式会社による合弁会社「イーエル株式会社」(各50%出資、資本金 3,600万円)として東京都千代田区佐久間町にて創業。
1970年(昭和45年) 野田工場(千葉県野田市)を開設し、製品の国産化開始。 
資本金を 7,200 万円に倍額増資。
1976年(昭和51年) 事業拡大に伴い本社を東京都千代田区三番町に移転。 
研究開発室の設備も本格的に拡充。
1986年(昭和61年) 合弁を解消し、米国のEconomics Laboratory Inc.の 100% 出資会社として再発足。
1987年(昭和62年) 米国親会社が社名を前年末に Ecolab Inc. に変更したのを受けて、「エコラボ株式会社」に社名変更。
1988年(昭和63年) 日本レーバン株式会社を吸収合併し「レーバンラック」をエコラボ製品として販売開始。  資本金を 2 億 8,450 万円に増資。
1993年(平成5年) 志賀工場(石川県羽咋郡志賀町)を開設。
1994年(平成6年) 本社を東京都千代田区三番町から現在の東京都新宿区高田馬場1丁目に移転。
1997年(平成9年) 12月、ヘンケルジャパン株式会社より RH/P3 事業部(食品工業用洗剤・殺菌剤)の営業を譲り受ける。
1998年(平成10年) 9月、研究開発室(ジャパンテクニカルセンター)を東京都千代田区三番町から
埼玉県川口市に移転。
1999年(平成11年) 5月、創立 30 周年を迎える。
2000年(平成12年) 8月、野田工場・志賀工場で ISO9002 取得。(2003年 ISO9001 へ移行)
2004年(平成16年) 9月、野田工場・志賀工場・オペレーションズ東京・カスタマーサービスで ISO14001 取得。
2009年(平成21年) 5月、創立 40 周年を迎える。
2011年(平成23年) 12月1日、Ecolab Inc. が Nalco Company との合併を発表。
2012年(平成24年) 9月14日、「エコラボ合同会社」に社名変更。