食品衛生が簡単に

ソリューションストーリー
  1. ホーム
  2. 食品衛生が簡単に
hospitalitytablesettingplateandsilverwareicon

最近の米国疾病対策予防センターによる研究では、米国における最大の食中毒発生源はレタスやその他の葉物野菜ということが分かっています。毎年、約 220 万人が汚染された葉物野菜を食べることで食中毒になっています。それは、年間 960 万件という事例数の約 23% に相当します。水だけで病気の原因となる病原体を撲滅することはできません。そのため、フードサービス関連業に携わる当社お客様には、取り扱う果物や野菜が食中毒を起こさないよう徹底する方法が必要でした。

このような問題に対処するために、当社では、フードサービス業務において農作物の効果的でない洗浄がもたらす食中毒のリスクを抑える画期的な製品、果物・野菜抗菌処理(AFVT)を開発しました。AFVT は、洗浄水に含まれる大腸菌、リステリア菌 、そしてサルモネラ菌 といった病原菌を 99.9 パーセント削減します*。この製品は、農作物の洗浄用水の中、またはカット済みの果物や野菜の表面に存在する病原菌の低減に関して、米国環境保護庁(EPA) と米国食品医薬品局(FDA)の両方の認可を受けた業界初のすすぎ不要食品洗浄剤です。

わずか 90 秒で洗浄効果を発揮する特許出願中のすすぎ不要食品洗浄剤で、私たちはフードサービス事業者がゲストを食中毒から守る支援をします。

99.9%

また AFVT は、病気を引き起こす汚染物質を除去するだけでなく、農作物の外観を向上させ、腐敗の原因となる細菌を減らし、しかも洗浄によるにおいや味を残すことはありません。管理された供給システムを利用すれば、蛇口をひねるのと同じように簡単に製品を使用できます。また、シンクいっぱいに貯めておけば 1 日分の新鮮な果物と野菜(最大 200 ポンド)を洗浄することができるため、忙しい業務用のキ ッチンで使用するものとして経済的で簡単、かつ効率的です。

  • 毎年 220 万人が汚染された葉物野菜を食べることによって食中毒に罹患
  • AFVT は、丸ごとまたはカット済みの農作物の洗浄水に存在する大腸菌、リステリア菌 、そしてサルモネラ菌 を 99.9% 削減*
  • 使用しやすく、90 秒で効果を発揮

*病原菌:大腸菌 O157:H7、リステリア・モノサイトゲネス、サルモネラ・エンテリカ。野菜や果物などの農産品(RAC)に対し、ラベルの指示に従って使用した場合。

すべてのニュース記事を見るAFVT の詳細