節水で快挙

ソリューションストーリー
  1. ホーム
  2. 節水で快挙
Watericon
ラスベガスで最も求められているものはお金ではなく、水です。使用されるほとんどの水を近くにあるミード湖から供給しているラスベガスバレー地域では、この最も貴重な生活必需品の保全を促す方法を模索しています。Southern Nevada Water Authority(南ネバダ水道公社)は、地下水管理プログラムを開発し、バレー地域の水資源の維持および管理を行っています。このプログラムの一環として、湖の水を使いすぎないようにするために、既存の地下水井戸から出る水を特定の配分で使用するよう地域によびかけています。エコラボが支援をしたある一流ホテルリゾートでは、帯水層からの水を利用し、またそれを再利用するという革新的な新しい手法により、わずか 4 年間で 5700 万ガロン以上の節水に成功しました。
すべてのニュース記事を見る詳細はこちら