elaineblack

Elaine Black, Ph.D.(エレイン・ブラック博士)

食品衛生・公衆衛生担当取締役

エレイン・ブラック博士は、食品衛生および公衆衛生担当ディレクターです。微生物学者である博士は現在、食品衛生および公衆衛生のプログラムや方針に関する取り組みを指揮しています。  

 

エレイン・ブラック博士は、食品衛生および公衆衛生担当ディレクターです。微生物学者である博士は現在、食品衛生および公衆衛生のプログラムや方針に関する取り組みを指揮しています。

現職の前はエコラボの規制関連事業において政府機関担当ディレクターを務め、米国環境保護庁の抗菌部門や抗菌関連の代表的な事業者団体と連携しながら業務を進めました。2020年には殺生物剤化学物質センターとの協力のもと、COVID-19 対応除菌製品のリストを作成。後にこのリストは EPA のリスト N の基準となりました。

エコラボには2010年にグローバル分析・微生物学チームの主任微生物学者として入社。数々の画期的なプロジェクトを支えた後、微生物技術サービスチームをまとめながら、食品衛生と微生物学の分野で現場担当チームと顧客に部門を超えたサポートを提供してきました。

エコラボ入社前はデラウェア大学とミネソタ大学で博士研究員や非常勤講師を務め、新しい食品加工技術や生鮮食品、乳製品、タンパク食品の食品衛生を主な専門としていました。ブラック博士はアイルランドのユニバーシティ・カレッジ・コークで食品科学の理学士号と食品微生物学の博士号を取得しています。