1. ホーム
  2. 専門技術 & 技術革新
  3. 専門家
  4. 食品衛生 & 公衆衛生の専門家
  5. John Barcay
sjohnbarcay

John Barcay, PhD
(ジョン・バーケイ
博士)

ジョン・バーケイ博士は、害虫駆除のための農薬の評価と開発プロジェクトを指揮し、徹底的かつ効果的で、農薬の使用を最小限に抑えた統合型の害虫管理プログラムの開発を行っています。

John Barcay, PhD
エコラボ研究主幹および都市昆虫学者

Dr. John Barcay(ジョン・バーケイ博士)は、エコラボの研究主幹および都市昆虫学者として、害虫駆除のための農薬の評価と開発プロジェクトを指揮し、徹底的かつ効果的で、農薬の使用を最小限に抑えた統合型の害虫管理プログラムの開発に携わっています。バーケイ博士は1990年より、エコラボの農薬プログラムの科学者およびリーダーとして、また主席昆虫学者として勤務しています。

バーケイ博士は、National Pest Management Association、Entomological Society of America、American Mosquito Control Association、Gamma Sigma Delta (the honor society of agriculture)、Society for Vector Ecology、Pi Chi Omega(都市の害虫駆除のための専門業者親善組織)、Independent Organic Inspectors Association のメンバーです。

バーケイ博士はパデュー大学で昆虫学の学士号を取得しました。また、同大学において都市昆虫学の修士号と博士号を取得しました。

Dr. John Barcay のご紹介

ジョン・バーケイ博士が、エコラボにおける都市昆虫学者および研究主幹としての自身の業務について説明します。

最近のウェビナー:
小バエによる大きな問題
このウェビナー「小バエによる大きな問題」では、食品衛生における小バエの影響について、バーケイ博士が解説します。