Leishmancorrectsize

Oriana Leishman, MPH, PhD(オリアナ・リーシュマン博士、MPH)

オリアナ・リーシュマン博士は、食品、たんぱく質、パーソナルケア用品部門のおける食品および飲料プログラムのリーダーです。自身のチームとともに、食品、食肉、パーソナルケア用品の生産市場における食品衛生とオペレーション効率、サステナビリティの向上を目指して、新しい製品やプログラムの研究と開発に携わっています。また、リーシュマン博士は食品および飲料事業部全体の食品衛生に向けた取り組みを指揮しています。

  1. ホーム
  2. 専門技術 & 技術革新
  3. 専門家
  4. 食品衛生 & 公衆衛生の専門家
  5. Oriana Leishman

Oriana Leishman, MPH, PhD(オリアナ・リーシュマン博士、MPH)

オリアナ・リーシュマン博士は、食品、たんぱく質、パーソナルケア用品部門のおける食品および飲料プログラムのリーダーです。自身のチームとともに、食品、食肉、パーソナルケア用品の生産市場における食品衛生とオペレーション効率、サステナビリティの向上を目指して、新しい製品やプログラムの研究と開発に携わっています。また、リーシュマン博士は食品および飲料事業部全体の食品衛生に向けた取り組みを指揮しています。

エコラボの前は Target 社の食品衛生および品質管理グループや、地方政府の公衆衛生サービスに在籍していました。

International Association for Food Protection(IAFP:国際食品保護協会)および Minnesota Food Protection Association(MFPA:ミネソタ食品保護協会)にも名を連ねています。

リーシュマン博士はミネソタ大学にて公衆衛生の修士号と食品科学の博士号を取得。ウィスコンシン大学で医微生物学および免疫学の学士号を取得しています。