ルース・ペトラン4411

Ruth Petran, Ph.D., CFS(ルース・ペトラン博士、CFS)

ルース・ペトラン博士は、食品衛生に関する新しい動向や新たなコントロール戦略を特定し、社内外の顧客に対して食品衛生と公衆衛生上の問題について技術的な専門知識とコンサルティングを提供しています。
  1. ホーム
  2. 専門技術 & 技術革新
  3. 専門家
  4. 食品衛生 & 公衆衛生の専門家
  5. Ruth Petran

Ruth Petran, Ph.D., CFS(ルース・ペトラン博士、CFS)
食品衛生および公衆衛生担当副社長

ルース・ペトラン博士は、水と衛生、そして人々と貴重な資源を守るエネルギー技術・サービスのグローバルリーダー、Ecolab Inc.の食品衛生および公衆衛生担当副社長です。

現在は食品衛生の新しい動向とコントロール戦略を特定・追跡し、社内外の顧客に食品衛生と公衆衛生の問題について技術的な専門知識とコンサルティングを提供することを職務としています。  最大限の影響力を発揮するため、農場から製造プロセス、フードサービス / 小売まで食品サプライチェーンを幅広く手がけています。

エコラボに入社する前は、Pillsbury 社で微生物研究者およびサプライヤー品質管理マネジャー、また General Mills 社で規格マネジャーおよび品質規制オペレーションプロダクトマネジャーをそれぞれ務め、微生物学的な影響を受けやすい製品や原料の安全性と品質管理に注力しました。世界中の食品製造施設で HACCP システムの適用や規制法の順守に重点を置いた食品衛生評価活動を指揮してきました。  

ペトラン博士は、食品科学者として認定を受けており、食品微生物基準の全米諮問委員会の委員を 2 期勤めたことがあるほか、ミネソタ州の食品衛生および防御タスクフォースの責任者にも選ばれています。現在は国際食品保護協会のメンバーで、同協会の食品由来疾患対策委員会にも名を連ねています。また食品技術者協会 (IFT) のメンバーでもあり、アワード委員会や IFT 食品微生物学部門で活躍しています。  ミネソタ州食品衛生および防御タスクフォースの責任者としては、同州の保健局、農業局に対して州食品規準の改正すべき点について助言してきました。  

そのほか、食品製品協会(旧 FPA、現 GMA)と協同して SAFE サプライヤー監査プログラム開発についてアドバイスした経験があり、国際 HACCP 同盟公認エコラボ HACCP 上級コースのインストラクターとして認定を受けています。

コーネル大学で消費者食品科学の学士号を、またミネソタ大学で食品科学の修士号と公衆衛生の博士号をそれぞれ取得。論文では、保健所検査のデータを食品衛生改善のために有効活用することの価値について取り上げました。