TLheadshotJun2014

Tatiana Lorca, PhD(タチアナ・ロルカ博士)

タチアナ・ロルカ博士の役割は、監査、トレーニング、コンサルティングサービスと科学的支援を食品サプライチェーンに広く提供することで、それがエコラボのお客様と食品業界全体を支えています。

  1. ホーム
  2. 専門技術 & 技術革新
  3. 専門家
  4. 食品衛生 & 公衆衛生の専門家
  5. Tatiana Lorca

Tatiana Lorca, PhD(タチアナ・ロルカ博士)
グローバル フード アンド ビバレッジ部門 RD&E 食品衛生および品質プログラム・リーダー

タチアナ・ロルカ博士は、エコラボ グローバル フード アンド ビバレッジ部門の RD&E 食品衛生および品質プログラム・リーダーです。農場から食卓までのサプライチェーンを対象に、監査やトレーニング、コンサルティングサービスの開発 / 科学的支援に携わっています。世界の食品衛生認定プログラムに対する社内スタッフのコンプライスを確保するため、複数の社内部門と連携しています。

以前は、食品衛生教育・トレーニング担当のシニアマネジャーのほか、サプライチェーン品質保証部門のマネジャーを務めていました。 2007年にエコラボ エコシュア事業部のサプライチェーン品質管理部門でマネジャーとしてキャリアをスタートさせました。 エコラボに入社する前は、BSI Management Systems Americas 社と SQF Institute(Food Marketing Institute の一部門)で複数の役職を歴任し、北南米向けの食品衛生関連トレーニング、認定プログラムの調整・実施に携りました。

現在は SQF 協会技術諮問委員、Master Brewers Association of the Americas(北南米醸造技術者協会)の食品衛生委員会委員長、International Association for Food Protection (IAFP: 国際食品保護協会)会員、Consumer Goods Forum(コンシューマー グッズ フォーラム)Global Food Safety Initiative(GFSI: 世界食品衛生イニシアチブ)テクニカルワーキンググループメンバー、バージニア工科大学食品科学部の諮問委員を務めています。

ロルカ博士は、バージニア工科大学で食品科学技術の修士号と博士号を取得しています。SQF の認定コンサルタント兼講師で、HACCP および FSSC 22000 の資格を保持するほか、ヒト用食品の予防的コントロールを専門とする講師でもあります。さらに、米国食品衛生管理資格者団体に HACCP 食品衛生管理者として登録されています。