1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 2018年度 サステナビリティ レポート
お客様とともに

世界は今ひとつの岐路に立っています。気候変動、水不足、食料安全保障、公衆衛生 などの課題について世界レベルで 危機意識が高まっています。しかし、私たちにはこういった課題に対応するための、 これまでに類を見ない手段もあります。


デジタル技術により、スマートかつ持続可能な
ソリューションへの需要を促進する、以前には なかった知見が手に入るようになりました。向上心が高まるにつれ、エコラボが お客様のために前向きな変化を促進する能力も 成長していきます。エコラボは幅広い業種の 企業が清潔な水、安全な食品、豊富な エネルギー、健全な環境を持続的にお届けする お手伝いをします。


今こそがまさに変化をもたらす時です。
世界が必要とする進歩を ともに促していきましょう。

最新のサステナビリティ レポートをダウンロードして、詳細をご覧ください。

2018年度サステナビリティレポート・セクション

2018 Corporate Sustainability Report ADM facility image
カスタマーインパクトの促進
ビジネスの成功を導くサステナビリティ目標
2018 Corporate Sustainability Report environmental stewardship outdoors
スチュワードシップを通じた影響力
より良い変化をもたらすパートナーシップ
2018 Corporate Sustainability Report Ecolab operations Nalco Water University
リーダーシップ
いつでも、どこでもその先を目指して
Doug Baker (ダグ・ベイカー)
エコラボ会長兼 CEO からのメッセージレター

「私たち全員が協力して、この機会を最大限に利用しなくてはいけません。今この機会を手中に収めることができれば、地球にこれ以上害を与えずに、あらゆる存在にとって持続可能な成長を実現する経済を作り上げることができるのです。」

 

インパクト

エコラボが支援したお客様の2018年の成果:

2018 Corporate Sustainability Report clean water pillar image
清潔な水

1880 億 ガロン以上を 節水

1.1 兆 ガロン(4.2 兆リットル)のプロセス水および飲料水を 処理

6 億 5,000 万人分以上の飲料水を節約により確保

さらにエコラボは、2030年までにお客様が年間 3000億 ガロンを節水できるよう取り組んでいます。

 

開く
2018 Corporate Sustainability Report safe food pillar image
安全な食品

世界の 44% の牛乳を安全に生産

世界の 25% 
以上の加工食品を安全に生産

レストランで厨房を清潔に保てるようサポートし、 計 450 億食 を提供

さらにエコラボは、お客様が毎年 100 万件 以上の食中毒を防止できるよう取り組んでいます。

 

開く
2018 Corporate Sustainability Report full pillar image - abundant energy
豊富なエネルギー

19 兆 BTU 以上の
エネルギーを削減

世界の石油生産における水とエネルギーの利用を 40% 削減

世界のエネルギーの 20%
以上を生産

さらにエコラボは、当社事業における CO2e を2020年までに 10%
削減するよう取り組んでいます。

 

開く
2018 Corporate Sustainability Report healthy environments pillar image; linens
健康的な環境

400 億人 の手を清潔に


8 億 以上の清潔な客室がホテルのゲストを歓迎

清潔な 600 万室 以上の病室および長期ケア用の部屋

さらにエコラボは、院内感染(HAI)のリスクから 10,000 人もの人々を守るよう病院に協力しています。

 

開く

インパクトを測定する

エコラボは独自の eROISM アプローチを採用し、お客様にとってのソリューションの有用性を経済、運用、環境への影響といった面から測定します。

 

 

Sustainable Development Goals
国連の「持続可能な開発目標」を支持

エコラボは、国連の「持続可能な開発目標」、なかでもすべての人が安全な水にアクセスし衛生的な暮らしができるよう水と衛生面の持続可能な管理を確保する「ゴール 6」の達成に向けたパートナーシップおよびプログラムに全力で取り組んでいます。