Ecolab WebsiteNalco Water WebsiteNalco Champion Website
  1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 2018年度 サステナビリティ レポート
  4. リーダーシップ
  5. 効果が期待できるところに投資
年間に数百万ガロンを節水

イリノイ州クリアリング

イリノイ州クリアリングの当社工場は、エコラボ最大のコロイダルシリカの生産拠点です。コロイダルシリカは、ナノテクノロジーから LED 照明、スマートフォンの画面、金属に至るまで、ありとあらゆるものに使用されています。しかし、コロイダルシリカの製造には水を大量に使用します。クリアリングの工場では、エコラボのすべての製造施設で使用する水量の 4 分の 1 が使われており、使用量は他のどの施設をも上回っています。

クリアリング工場で当社が採用している節水の方法のひとつに、工業用水の再利用があります。その結果、トンあたりより少ない水量でコロイダルシリカの製造量を伸ばすことができました。また、同工場はコロイド工程から排水を取り込んで処理してから再利用する水再生システムを設置しました。フル稼働時には工場の水使用量を最大 20 パーセント削減する見込みです。

クリアリングの工場は、旧式の工場でも新しい工場と同じように節水に貢献できることを証明しています。2019年にクリアリング・カスタマー・エクスペリエンス・センターがオープンすれば、こうした技術についてお客様も詳しく知ることができます。

風力発電契約がエコラボの
温室効果ガス排出削減の
目標達成の追い風に

テキサス

エコラボは2018年後半に、再生可能エネルギー企業の Clearway 社と仮想電力購入契約(VPPA)を締結しました。具体的には、テキサス州に 418 メガワットの風力発電所を建設することになります。この発電所が2020年に操業を開始すれば、エコラボは全発電量のうち 100 メガワットの供給を受け、これは一戸建て住宅 27,000 軒分の 1 年間の使用電力に相当します。

この契約により、エコラボは米国における年間消費電力の 100 パーセントをまかなうことになり、削減される温室効果ガス排出量は 25 パーセントに及びます。これは、2020年までに 10 パーセントの削減を目指すエコラボの目標値の 2 倍以上です。

取水量を 1 日あたり
85,000 ガロン削減

ルイジアナ州ガリービル

ルイジアナ州ガリービルにあるエコラボの工場は、生産量で第 2 位の製造拠点であり、水の使用量でも第 2 位です。

ミシシッピー川のほとりにある同工場は、川から毎日 600,000 ~ 700,000 ガロンを取水しています。

工場では、サンドフィルターおよび連続逆洗技術を用いて川の水を浄化してから製造工程に使用し、再びミシシッピー川に排出しています。フィルターの使用により高い水質が確保できますが、以前はフィルターの洗浄に 1 日あたり 100 ガロンもの水が必要でした。

2018年に製造工程の開始段階で、逆洗により得られる水の再利用を開始しました。こうすることで、工場の川からの取水量は 1 日あたり 85,000 ガロン下がりました。

また、化学薬品の使用量も少なくなり、ポンプを稼働させるための電力も削減できたのです。

100% 再生可能
エネルギーを目指して

ヨーロッパ
弊社は今年、2020年に向けてヨーロッパ工場を対象に、使用エネルギーの 100 パーセントを再生可能なものにする、という大胆な目標を立てました。当社で使用する電力の 99.4 パーセントが再生可能エネルギー由来であることから、目標達成まであと一息です。

当社ではこの取り組みに向けて、よりエネルギー効率の高い製造設備の調査、地域全体での白熱灯から LED 照明への切替え、再生可能エネルギーの購入、ソーラーパネルの設置を実施しました。

エコラボにおけるプラスチックの使用量削減について詳しくは、2018年コーポレート・サステナビリティレポートをご覧ください。