1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. ヒルトンによる環境フットプリントの最小化に貢献

ヒルトンによる環境フットプリントの最小化に貢献

waterdropicon

背景

113 ヵ国に 5,700 以上の施設を持つヒルトンは、ホスピタリティとサステナビリティで世界をリードしています。ヒルトンは2018年、「トラベル・ウィズ・パーパス (Travel with Purpose)」の2030年に向けた新しい目標を発表しました。これらの目標は、地球規模で前向きな社会、環境における変化を推し進めることを目指しています。

このプログラムの目的は、持続可能な旅行を地球規模で推し進め、国連の「持続可能な開発目標」に向けて意義深い貢献を図ることです。ヒルトンは2030年までに、環境フットプリントを次の方法で半減させる予定です。

  • 水利用強度を 50 パーセント削減
  • ゴミを 50 パーセント削減
  • 炭素排出量を 61 パーセント削減
ecolabservicetruckicon

イノベーション

エコラボは、全世界で収容能力がさまざまに異なるヒルトンの施設と力を合わせて持続可能な節約を推進するとともに、ヒルトンがパフォーマンスを改善して、宿泊客の期待にしっかり応えられるようサポートしてきました。

またヒルトンは、エコラボの技術を全世界で採用することによりサステナビリティに寄与する大幅な削減を実現しています。

  • SMARTPOWER™(革新的な化学と実行可能な知見、カスタマイズしたサービスを組み合わせた食器洗浄プログラム。食器をしっかり洗浄する一方で水やエネルギー、コストを削減します)
  • アクアノミック(Aquanomic™)低温ランドリープログラム(より低い洗浄温度で高品質な仕上がりが得られるプログラム。繊維製品を白く、色鮮やかにする一方でリネンの寿命を延ばし、水とエネルギーを節約します)

上記のプログラムはその他のソリューションに加えて、ヒルトンがトラベル・ウィズ・パーパスで提示した野心的なサステナビリティに関する2030年の目標達成に向けて前進する一助となっています。

すべてのニュース記事を見る