1. ナルコ ウォーター ホーム
  2. インドの鉄鋼メーカーが水の節約を推進

インドの鉄鋼メーカーが水の節約を推進

waterdropicon

背景

インドには世界人口の 16 パーセントが集中していますが、インドで自由に使える水は全世界の水量のわずか 4 パーセントです。インドは、水を大量に使用する産業である鉄鋼業が盛んな国でもあります。その水の多くはリサイクルされますが、2017年にインドの鉄鋼業では約 1180 億ガロンの水が使用されました。

インド最大規模の鉄鋼メーカーが、今まさにこの流れを変えようとしています。6 年間努力を重ねた結果、この企業では水の消費量を 23 億ガロン削減することができました。これは、コルカタとプネーを合わせた人口より多い、790 万人以上の人々が 1 年間に必要とする飲料水に相当します。
ecolabservicetruckicon

イノベーション

この水の節約は、同社の経営陣の取り組みとエコラボとのパートナーシップの成果です。

エコラボが提供するスマートな水管理、3D TRASAR™ などのデジタル技術、運営管理サービスを通して、この鉄鋼メーカーは水不足の地域における冷却水の利用を最適化しました。冷却水にスケーリングや付着物が発生すると、大量の水を使わなければ、冷却システムにおける再循環率を上げるのは困難でした。3D TRASAR のリアルタイムの監視および制御を用いて、源水の質を検知して変動を修正することで、これらの問題を解決すると同時に、真水の需要を減らすことにも成功しました。これらの取り組みはまた、エネルギー消費におけるコストの節約と削減にもつながりました。

そして、これはまだ序章にすぎません。エコラボのデジタル技術は、工場のその他の重要回路内で水質を監視・制御することにより、真水をさらに多く節約することが期待されています。さらに、水の利用がオンラインダッシュボードに追加されました。これは、同社がより多くの情報を得てから決定を下せるようになり、廃水排出ゼロという目標を達成するうえで大きな一歩となったのです。
すべてのニュース記事を見る

ソリューション