1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス(COVID-19)

緊急のニーズにも安全に対応
エコラボは、良好な手指の衛生状態と清潔な表面、ツール、設備を保つために当社のクリーニングおよび消毒ソリューションを使用して最前線で働く人たちを応援します。当社の製品は、患者の健康維持、食品の安全な生産および用意、重要なインフラの円滑な稼働の維持に役立っています。


従業員を守るための対策
自社の従業員とその家族を守るために、エコラボでは可能なスタッフには在宅勤務を要請しています。また、当社の施設ではさらなる社会距離戦略とクリーニングの手順を導入し、現場要員にはガイダンスやトレーニング、PPEを提供しています。


現場での職務を安全に
必要不可欠なサービスを提供する目的で、現場でお客様に対応しながら仕事をする従業員に対して、エコラボでは従業員の安全と顧客の安全を確保するために詳細な手順を作成しました。

_

当社の業務において COVID-19 にどのように対処すればよいですか?

エコラボのチームと協力して、貴社のビジネスに合った除菌剤やトレーニング、コンプライアンス教育の機会を判断してください。

Ecolab Coronavirus

ヘルスケア

開く

レストラン

詳細

ホテル

詳細

QSR

QSR

_

エコラボのエキスパートに学ぶ

CDC Corona virus image, photo credit, Alissa Eckert, MS; Dan Higgins, MAM.
エコラボのエキスパートによるコロナウイルスについての質疑応答

今回のコロナウイルスは新型であり、進化し続けることは周知の事実です。エコラボの公衆衛生の専門家が COVID-19 に関するガイダンスを提供し、よくある質問にお答えします。

ウェビナー:公衆衛生の重要性:コロナウイルス(COVID-19)について

エコラボのエキスパートが COVID-19 について説明し、ヘルスケア、 高齢者福祉施設、ホスピタリティ、レストラン、食品および飲料工場などが、従業員とお客様を守るために何ができるのかについて話し合います。1 時間のウェビナーの内容:エコラボのエキスパートによる業種別のアクションについての質疑応答(30 分)。

Cleaning workplace
職場をコロナウイルスから守る 5 つの具体的なステップ

エコラボの研究開発・エンジニアリング、食品衛生および公衆衛生担当副社長である Dr. Ruth Petran(ルース・ペトラン博士)が、職場の衛生コンプライアンスを大幅に強化できる簡単かつ具体的な手順について説明します。

COVID-19 にどのように対処すればよいですか?

まずは行動: 標準的な感染防止対策、トレーニング、コンプライアンスを重視します。

Hand washing and environmental cleaning to protect against covid-19 infographic.
個人衛生管理
Ecolab environmental cleaning inforgraphic to protect against covid-19 infographic.
環境衛生
コロナウイルス:感染のリスクを下げるには

従業員にコロナウイルスの感染拡大を防ぐ方法を周知徹底するために、この動画をご利用ください。

 

適切な手指の衛生

適切な手指の衛生は、細菌とウイルス感染の拡大防止において非常に重要です。公衆衛生を守るために私たちができるのは、こまめに手を洗い、適切な手順に従うことです。

エコラボのエキスパートによる質疑応答

公衆衛生および感染予防のエコラボのエキスパートが、貴社のビジネスにおける COVID-19 を取り巻く課題についてガイダンスを提供します。

Ecolab Expert

Linda Homan(リンダ・ホーマン)、看護師、看護学学士、CIC(感染の制御および防止の資格)

臨床部門シニアマネージャー

リンダ・ホーマンは、有資格の感染予防専門家として 20 年以上の経験を持っています。ヘルスケア関連の製品・サービス全般にわたって、臨床および教育ソリューションの開発、臨床応用研究、臨床ベストプラクティスの導入を担当しています。

略歴を見る

Q:医療従事者が職場で自身を守るにはどうすればよいですか?
A: CDC は現在、COVID-19 の経過観察中の患者様に近づく際は慎重に行動するよう勧めています。EPA および CDC は、さまざまな環境表面がコロナウイルス感染の媒体であると認識しています。

医療従事者は、患者様との接触前後、ウイルスが付着した可能性のあるものに触れる前後、手袋を含む PPE の着脱の前後に手指の衛生対策を行う必要があります。

  • 手指が明らかに汚れている場合は、アルコール系の除菌剤を使用する前に石鹸と水で手をよく洗ってください。
  • 患者様のいる部屋に入る医療従事者は、標準的な予防策、接触ならびに空気感染に対する予防策、目の保護(医療用ゴーグルやフェイスシールドを利用するなど)を実行してください。
  • CDC の確認リストを含む詳細については、「ヘルスケアに関する見識」をご覧ください。

医療施設は、ケアに関わるすべての場所で手指の衛生用品を使用できるよう準備しておいてください。

  • 感染が認められた患者様には、ただちに医療用マスクを着用するよう指示してください。感染を特定する際は、可能であれば空気感染対策がされた隔離室を使用するか、ドアを閉めた状態のほかに人のいない部屋で行ってください。行き届いた手指の衛生と環境衛生が、こうした隔離予防策で重要な役割を果たします。
  • エアロゾルが発生する処置が行われる治療区域をはじめ、医療環境における COVID-19 に対しては、定期的なクリーニングと除菌が最適です。その際は、EPA 認定の除菌剤を使用してください。

CDC は、医療施設では、医療従事者が職種または職務に特化した感染性病原体に関する教育とトレーニング(復習用トレーニングを含む)の受講を徹底するよう述べています。

トレーニングの機会については、エコラボのチームにお問い合わせください。

Q:感染者がいた病室はどのように清掃すべきですか?
A:
エアロゾルが発生する処置が行われる治療区域をはじめ、医療環境における COVID-19 に対しては、定期的なクリーニングと除菌が最適です。その際は、新型ウイルス病原体に対する効果が EPA により認められている除菌剤を使用してください。製造元の指示に従って機器類を清掃します。CDC は、医療施設では、医療従事者が職種または職務に特化した感染性病原体に関する教育とトレーニング(復習用トレーニングを含む)の受講を徹底するよう述べています。

Ecolab Expert

Tatiana A. Lorca 博士(タチアナ・A・ロルカ博士)

グローバル・フード・アンド・ビバレッジ部門、食品衛生・品質プログラムリーダー

タチアナ・ロルカ博士は、エコラボのグローバル・フード・アンド・ビバレッジ部門の RD&E 食品衛生・品質プログラムリーダーです。ロルカ博士は、食品衛生と監査コンプライアンスに関する課題について、食品と飲料工場を運営する顧客とよく仕事をしています。

略歴を見る

Q:食肉など食品を介した新型コロナウイルスの感染について、エビデンスはありますか?また、中国から輸入された食品の安全性は?
A:
公衆衛生当局では、食品(特に食肉)を介してコロナウイルスに感染する可能性があるとは考えていません。食品衛生と生肉を適切に調理することの重要性は当然のことながら、私たちは食品の温度管理、適切な調理法、交差汚染防止などの標準的な食品衛生対策に注意するよう推奨します。

Q:従業員やお客様を守るために、食品・飲料工場でできることは何ですか?
A: まず第一に、COVID-19 は食品衛生よりも、公衆衛生に対するリスクの方が大きい点を認識する必要があります。主な優先事項は、従業員の感染のリスクを抑えることです。一人ひとりが、自身や他の従業員を適切に感染から身を守る方法を理解しているよう十分にご確認ください。個人の健康と衛生に関する慣行を実践するよう徹底しましょう。毎日、業務の開始から終業まで業務上の適切な慣行に従い、清潔で衛生的な生産環境を維持してください。食品および食品以外のものが接触する表面は清潔に保ち、除菌を徹底します。

Ecolab Expert

Ruth Petran, Ph.D., CFS(ルース・ペトラン博士、CFS)

食品衛生および公衆衛生担当シニア・コーポレート・
サイエンティスト

ぺトラン博士は、食品衛生の新しい動向と抑制戦略を特定・追跡し、社内外の顧客に食品衛生と公衆衛生の問題について技術的な専門知識とコンサルティングを提供しています。

略歴を見る

Q:除菌剤やクリーナーの使用量を増やす必要がありますか?
A:
COVID-19 に対処するには、特定の除菌剤の使用が有効です。すべての除菌剤や消毒剤は、製品ラベル/説明の指示通りに使用してください。今回の件は、表面やよく触れる場所などを適切に清掃し、従業員が職場で感染を予防するベストプラクティスを実践するよう徹底するためのトレーニングやコンプライアンスを確実に浸透させる良い機会です。

Q:エコラボにはコロナウイルスに効果のある製品はありますか?
A: あります。エコラボでは、指示に従って使用すれば COVID-19(コロナウイルス感染症)を引き起こすウイルスなどに効果を示す除菌剤を提供しています。また、COVID-19 感染のリスクを下げるために役立つ、適切なクリーニング手順に関するガイダンスとトレーニングも用意しています。エコラボをすでにご利用の場合、詳細は担当者までお問い合わせください。エコラボをご利用でない方は、Ecolab.com に記載の Eメールか電話で当社までお問い合わせください。

Q:表面に付着したコロナウイルスの生存期間はどれくらいですか?
A:
率直に申し上げると、私どももまだ分かりません。コロナウイルスは新型のウイルスであり、研究は始まったばかりです。世界保健機関(WHO)のデータでは、ウイルスが付着した表面からの COVID-19 の感染は起こりにくいことが示されています。実際には、表面からの感染リスクは、空気中を移動する感染者の飛沫よりもはるかに低いとされています。いかなる発生状況においても、除菌剤を使い、表面やよく触れる場所を適切に除菌して感染予防することを推奨します。

Q:ホスピタリティ産業の従業員が職場で感染から身を守るにはどうすればよいですか?
A:
ホテルやホスピタリティ環境で働く従業員は、標準的な感染予防対策に従う必要があります。これには、こまめに手を洗う、病気の時は自宅で休む、新型ウイルス病原体に有効とされる認定済みの除菌剤を指定された手順に従って使用する、いったことが挙げられます。

Q:COVID-19 を使用した試験ができないのに、どの化学除菌剤が COVID-19 に有効だとなぜ分かるのですか?
A: COVID-19 のような出現ウイルスまたは新型ウイルスの場合、企業は消毒剤の有効性を実験するためのウイルスの発生株を入手できません。一部の国では、除菌剤に対するウイルスの感受性のヒエラルキーを使用することにより、こうした事例に対処するポリシーや申し立てがあります(米国 EPA Emerging Viral Pathogen Guidance* や EU viral claims など)。通常こうしたポリシーは、いわゆる根絶が難しいウイルスを死滅させる製品の入手状況に基づいており、蔓延するウイルスに対して使用する際は事前の認可が必要な場合とそうでない場合があります。SARS-CoV-2 に対する除菌を有効に行うには、製品ラベルに記載された正当な用法における正しい接触時間で適切な希釈液を使用するよう注意が必要です。エコラボをすでにご利用のお客様の場合、詳細は担当者にお問い合わせください。エコラボをご利用でない方は、Ecolab.com に記載の Eメールか電話で当社までお問い合わせください。

*米国では製品は EPA による事前の認可が必要です。医療施設向け除菌剤であると同時に、認可済みの「Emerging Viral Pathogen」の文字がマスターラベルに記載されていなければなりません。

Ecolab Expert

Ed Snodgrass(エド・スノッドグラス)

インスティチューショナル部門、RD&E プログラムリード

エド・スノッドグラス氏は、ホスピタリティ、高齢者福祉施設、食品サービス産業向けの新製品開発および有効性において 15 年以上もの経験を持つ化学技術者です。

Q:リネン類、寝具類やその他の繊維製品はどう扱うべきですか?
A: 現在のところ、COVID-19 などの呼吸器系ウイルスが繊維製品、リネン類、寝具類を介して感染するというエビデンスはありません。飛沫が媒介となる可能性があるため、感染防止のためにリネン類や寝具類の適切な交換およびクリーニング手順に従うことが推奨されます。

ホテルやホスピタリティ産業で働く人は、汚れたリネン類を扱う際には必ず適切な個人用保護具を着用する必要があります。COVID-19 に感染した入所者や患者様がいる場合、次の手順に従ってください。

  • 部屋の清掃中はリネン類を袋に入れ、洗濯機に入れるまで隔離します。
  • リネン類は最低でも一般的な洗濯用洗剤で洗濯し、リネン類の乾燥に関するガイドラインに従って乾燥させてください。
  • 洗濯済みのリネン類には極力触れないようにし、たたんでから乾燥した清潔な場所に保管します。
  • 汚れたリネン類を触った直後には、洗濯済みのリネン類に触れないでください。

適切な手順とランドリー用除菌剤について詳しくは、エコラボ担当者にお問い合わせください。

Q:スパやジャグジーに関するアドバイスはありますか?
A:
感染者はこうした場所を利用すべきではありません。よく触れる場所は定期的に除菌してください。プール、スパ、ジャグジー施設の維持管理方法については、標準的な手順に従ってください。現在のところ、こうした施設が感染経路になり得るというエビデンスはありません。

Angela Becker Senior Program Leader for the Textile Care Division Ecolab

Angela Becker(アンジェラ・ベッカー)

研究開発センター、テキスタイルケア事業部、シニア・プログラム・リーダー

 この職務において、北米研究開発センターでリネンサプライ製品開発チームと技術サービスチームの管理を担当しています。22 年以上にわたりエコラボで様々な役割を歴任し、リネンサプライ市場では 6 年もの間、テキスタイルケア事業部のすべての顧客に技術サポート、研究, 知識を提供してきました。適切なランドリーとヘルスケア産業用リネンの処理に特に熱心で、ヘルスケア用リネンを全体的なフローサイクルにわたって管理することの重要さを提唱しています。

略歴を見る

Q. ヘルスケア産業向けの商用ランドリー施設では、どのような感染予防手順に従えばよいですか?
A:
ヘルスケア産業向けの商用ランドリー工場におけるすべてのリネン類は汚染されたものとして扱い、取り扱いに関する共通の注意事項に従ってください。

  • 汚染されたリネン類を扱う際は、鼻、口、目、顔に触らず、こまめに手を洗い、手指消毒剤を使用します。ウイルスへの曝露から従業員を保護するために、すべての個人用保護具(PPE)を着用してください。
  • 工場内と輸送中は、清潔なリネン類と汚れたリネン類を適切に分類し、バリアを設ける必要があります。
  • 汚れたリネン類と清潔なリネン類が触れる硬表面は、COVID-19 に効果があると但し書きのある EPA 認定の硬表面除菌剤でこまめに除菌してください。
  • リネン類は、汚染されたヘルスケア産業用リネン類について CDC の推奨ガイドラインに則した洗剤で洗濯してください。時間 / 温度または時間 / 温度 / 抗菌(ランドリー用除菌剤)1
  • 適切な手指の洗浄、正しい PPE の着脱に関する社員研修を頻繁に実施しましょう。

Q. 汚染の疑いのあるリネン類の処理に関する CDC や WHO のガイダンスはありますか?
A:
CDC は現在、COVID-19 に汚染された疑いのあるリネン類に関し、以下のガイダンスを提唱しています。

  • ランドリー、食品サービス業向け調理器具類、医療用廃棄物は、通常の手順に従って管理してください。 参考:CDC.gov
  • CDC および WHO によるヘルスケア産業用リネン類の通常の手順には、熱処理または熱処理 / 化学処理に関するガイダンスが含まれています。
    • 熱処理による除染:ヘルスケア産業用リネン類は、洗浄剤を使って 160 F 以上のお湯で 25 分以上洗濯します。
    • 熱処理 / 化学処理による除染:低温による洗濯に適した化学薬品を使って 160F 以下のお湯で洗濯します。
    • 低温洗濯に適した製品には、低温による洗濯を補完するための洗浄剤と抗菌剤が含まれています。抗菌剤には、EPA 登録済みランドリー用除菌剤、AdvaCare 除菌剤(EPA 番号 1677-193)があります。この製品のラベルには除染の手順(4 oz/CWT の量を使い、140F のお湯で 5 分洗濯)が表記されています。
    • ヘルスケア産業用リネン類を 160F のお湯で 25 分間洗濯ができない場合、代わりに低温での洗濯にランドリー用除菌剤を使用することが最も望ましい方法です。エコラボの AdvaCare 除菌剤をランドリー除菌のレベルで使用することは、エコラボが推奨するベストプラクティスです。
    • 注意: 洗濯工程で COVID-19 に対し直接除菌効果のあるプログラムや製品はありません。

  • 繊維製品やリネン類の通常の洗濯手順は以下のとおりです。
    • 洗浄剤は、適切な時間、温度、機械的作用、化学的作用を含む 4 種類の主な洗浄パラメータに基づいて設計されています。さらに、ランドリー工程は、希釈、汚れの溶解度を高める温度、繊維の浸透率に加え、油分やグリースの鹸化、タンパク質の変性、有機物質の除去を起こす化学反応など、多くのメカニズムに左右されます。上記のすべての工程が繊維製品の汚れや汚染の除去を助け、清潔な仕上がりを実現します。
    • 最適な洗濯工程を設けるためのベストプラクティスは、洗濯工程に EPA 登録済みのランドリー用除菌剤(EPA 番号 1677-193)、AdvaCare 除菌剤をランドリー殺菌またはランドリー除菌レベルのいずれかで使用することです。ランドリー殺菌効果またはランドリー除菌効果を得るには、ラベルの指示に従ってください。また、EPA ラベルには微生物の除菌効果も示されています。この製品の使用に関する詳細は、エコラボの担当者にお問い合わせください。