Tata Steel の生産性と現地調達率を向上

Coal Plant at Night

背景

建物やインフラに欠かせない鉄鋼は、優れた品質と信頼性を備えていることが非常に重要です。しかし、高品質の石炭を入手・処理して、使用可能な鉄鋼を生産することは、時間もリソースも消費するプロセス。インドに拠点を置く鉄鋼製造会社の Tata Steel は、鉄鋼製造プロセスにおいて高品質の石炭製品の産出量を増やす機会の特定に関心を持っていました。高品質の石炭を生産できれば、鉄鋼生産に必要な石炭の輸入を最小限に抑えられるため、コストの削減、および輸入に頼らないリソースの現地調達を促進するインド産製品推進のイニシアチブ「Make in India」を支援することができます。

Wet Coal Pile

技術革新

10 年におよぶパートナーシップに基づいて、ナルコ ウォーターのチームは Tata Steel と協力し、NALFLOTE™ Flotation Aid™ を使って石炭から石炭灰を除去するプロセスを最適化しました。鉄鋼生産に使用する石炭の品質を高めるには、「選炭」と呼ばれるプロセスで水を使って石炭から石炭灰を除去する必要があります。石炭灰をより多く除去できれば、石炭の質がより高くなります。通常、石炭から石炭灰の成分を除去すると、石炭の一部は使用可能となりますが、一部は廃棄物になります。

石炭灰除去プロセスに NALFLOTE を使用すると、プロセスの最後に廃棄される石炭量が減り、使用可能な製品の回収が改善されます。これにより、Tata Steel が調達する必要のある原炭の量が最小限に抑えられたため、現地のリソースをより使うことができるようになりました。浮選ソリューションは水を使用した不燃性の安全なソリューションで、Tata Steel の安全目標を支援します。

Large Coal Train

効果

プログラム実施以降、Tata Steel は事業の生産性を拡大しながらも、廃棄物と天然資源利用の削減、従業員の安全の向上、輸入資源の削減を達成しています。輸入資源の削減により事業コストが削減され、また生産性の向上により事業全体の利益率が改善されました。輸入コストの削減と生産増が組み合わさったことで、年間収益は $500000 増となりました。

Tata Steel は事業の生産性を拡大しながらも、廃棄物と天然資源利用の削減、従業員の安全の向上、輸入資源の削減を達成しています。

eROI Icon

年間節約額

生産性

5,000メートルトンの精炭により工場の生産性が向上



廃棄物

41,000 メートルトンの原料の削減



人々の健康

危険のないソリューションの利用


もたらされた価値の合計

$500,000 

注目のソリューション

関連成功事例

No related success stories were found.