1. ホーム
  2. リネンサプライ業における大幅な節約

リネンサプライ業における大幅な節約

clothingwashingmachineicon

背景

毎年アジア・パシフィックだけでも 6,500 以上のリネンサプライ業者が 350 億ガロンの水と 5 億立法メートルのガスを使い、200 億ポンドを超える繊維製品を洗浄しています。そして、業者は厳格でコストのかさむ排出規制に従わなければなりません。

そのために、オーストラリアとニュージーランドを代表する 5 つの繊維製品サービスグループが、以下の目的のためにエコラボに支援を求めました。

  • 水とエネルギーの使用量削減
  • 環境フットプリントの最小化
  • 洗濯の質の改善
ecolabservicetruckicon

技術革新

エコラボはこれらの目標を達成するため、BlueOcean™、Aquabatch™、AquaDrain™ ろ過システムを使用する循環水戦略を展開しました。

この最先端のシステムと洗濯プロセスの専門知識は、ランドリーで使用する水のろ過、再生、再利用に貢献しました。これは真水の消費量を削減するだけでなく、ボイラや乾燥機のガス消費も削減します。またエコラボは、40 度の超低温洗濯プロセスである OxyGuard™ 40 を導入し、22 ヵ所のランドリーにおける水とエネルギー消費をさらに削減しました。

総節水量は 22 のランドリーで年間 4 億 4,600 万ガロンに及び、これはアジア・パシフィックのリネンサプライ業における水消費のわずか 1.3 パーセントです。地域全体のリネンサプライ業者がこのソリューションを採用した場合の潜在的な影響を想像してください。

Laundry eROI

関連ストーリー

この事例を読んだ人は次のようなものも読んでいます。

Our search returned no results.