Impact that Matters product sustainability image

製品のサステナビリティ

当社は業界のベストプラクティスをもとに画期的なソリューションを開発して、お客様の事業とサステナビリティの目標をサポートし、環境保護と人々の健康推進を支援します。

エコラボでは、製品の開発にあたり、人々の健康と環境の両方に与える全体的な影響を考慮しています。エコラボの「Impacts That Matter(重要なインパクト)」基準と包装に関する指針は、エコラボの製品が安全性やパフォーマンスの基準を満たす持続可能な製品であることを徹底するものです。エコラボはお客様が環境への影響を最小限に抑えつつ、オペレーション効率と製品品質、安全性、コンプライアンスを向上するための、新しく効果的なソリューションを開発し、業界をリードしています。

持続可能な設計の原則

エコラボは、オペレーションからお客様のプログラム開発や使用手順まで、安全性とサステナビリティを必ず製品に取り込みます。  エコラボの全員がこの責任を負うことで、持続可能なデザインの基盤が研究開発のプロセスに取り入れられます。 

ケミカルの管理 

エコラボ製品のサステナビリティ・プログラムは、当社の規制担当チームと提携して構築され、化学製品管理の規制を上回る管理体制でベストプラクティスを徹底します。  エコラボは、この分野の実践の年次評価の一環として、ケミカルフットプリントプロジェクトに参加します。  当社は、2021年に社内サステナビリティ・ポリシーを更新して、化学製品の管理のベストプラクティスと高い関心が寄せられるケミカルの科学的エビデンスの最新情報を反映させ、お客様が当社製品を安心して使えるようにしました。

包装の目標

エコラボでは、製品と包装において安全性とサステナビリティを推進するために尽力しています。当社は継続的にデザインを改良して、無駄を最小限に抑え、お客様に最上級の経験を安全にお届けするよう努めています。

2030年までに、あらゆる包装を再利用可能あるいはリサイクル可能にすることが目標です。優れた包装デザインへの取り組みは、エンジニア、材質サイエンティスト、アナリスト、技術者など、50人以上の包装のプロから成るグローバルチームによって支えられています。

Plastic packaging reduction illustration
プラスチック廃棄物を削減
  • エコラボには、包装技術の先駆者として得た長い経験があり、従来の包装デザインから生じる廃棄物を 99% 削減したこともあります。また、当社の濃縮製品に再利用可能な容器を早い段階で採用しており、使用済みリサイクルプラスチック樹脂(PCR)を製品包装の多くに取り入れています。
  • エコラボは2020年、1800 万ポンドを超えるプラスチックを節約しました。
  • お客様向けの製品を処方および包装する方法に新たな手法を取り入れたことで、2014年以来、10500 万ポンドのプラスチックを流通経路から排除しました。
  • さらに、プラスチックごみを減らし、再利用可能な包装プログラムを拡張して、当社のパッケージを確実にリサイクル可能にし、使用済みプラスチックをできるだけ利用するよう取り組んでいます。スマートパワー™技術はその例の 1 つで、通常5ガロン(20リットル)以上使われるプラスチックの 99% を削減します。
Woman at computer in an office
規制関連

エコラボは、規制に関するチーム、プロセス、方針、取り組みを通じて、お客様および企業の皆様が絶えず変化する規制に事前に対応できるよう支援します。

SDS

倫理的な調達

エコラボのサプライヤーには、人間の尊厳に関する国際的な基本理念が求められます。エコラボの倫理的な調達基準は、グローバルサプライチェーン構想の根幹であり、エコラボへ直接納入を行うサプライヤーの皆様が、それぞれの従業員の衛生と安全、人権を守るよう求めています。

パーム油の調達

エコラボは、パーム油やパーム油の派生物を直接購入しません。しかしながら、パーム油から派生した素材を供給するサプライヤーパートナーは持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)のメンバーであり、持続可能で責任のある調達を徹底しています。