AWS Certification Plant Imagery

サプライヤーのサステナビリティへの取り組み

エコラボは、2030年のインパクト目標に気候、水、多様性、安全性に関する意欲的な内容を盛り込んでいます。当社のサプライヤーは常にサステナビリティ戦略の一翼を担っており、現在ではサプライヤーの 70% が2024年までに科学に基づく目標に向けて取り組むことを正式に確約しています。

サステナビリティに関してサプライヤーに求められる内容

エコラボがサプライヤーに求めるサステナビリティと DEI への取り組みは、主に次の 3 つが焦点となっています。

  • 科学に基づく(または実質的に同様の)二酸化炭素排出量削減目標を掲げる
  • サプライヤー調査で CSR の進捗状況を開示する
    • サステナビリティの実績と結果(CDP サプライチェーン)
    • Tier 2 DEI に対する支出データ(エコラボのサプライヤー調査)
  • 業務の中で目標達成に向けて行動する
サプライヤーのためのサステナビリティ情報開示リソース

エコラボは、サプライヤーが科学に基づく手法を用いて業務で排出する二酸化炭素の削減目標を定め、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)を通じてその結果を開示するよう求めています。

CDP を通じて情報を開示するにあたっての詳細は、以下のリンクをご覧ください。