Christophe Beck(クリストフ・ベック)

Christophe Beck(クリストフ・ベック)

Christophe Beck(クリストフ・ベック)はエコラボの会長、 社長兼最高経営責任者です。

 

 

Christophe Beck は、人々と貴重な資源を守る水と衛生、感染予防のソリューションおよびサービスにおけるグローバルリーダー、エコラボの会長、社長兼最高経営責任者です。世界をより清潔で安全かつ健康な場所へと変えていくために、独自の専門知識と革新的なソリューションを提供するエコラボの 47,000 名の従業員を指揮しています。
 
40 を超える業種の 300 万近いお客様の拠点で世界有数の企業の多くに利用されているエコラボは、信頼されるパートナーとして、オペレーションパフォーマンス、製品の品質、顧客満足度、利益などを改善し、サステナビリティに関する意欲的な目標を実現するお手伝いをしています。
 
Christophe は、エコラボが社会の最も差し迫った水と気候の問題の解決に貢献できるユニークな立場にあると信じています。「ウォーター・スチュワードシップは、エネルギー使用量の削減とネット・ゼロ目標の達成に極めて重要であり、世界の環境問題の解決にあたって不可欠です。」と語ります。2021年だけで、エコラボはお客様による 360 万トンの GHG 排出量削減と、2150 億ガロンの水の保全に貢献しました。これは 7 億人以上の年間飲料水の必要量に相当します。
 
Christophe は2021年1月にエコラボの社長兼最高経営責任者に就任し、2022年5月には会長となりました。2007年にエコラボに入社して以来、社長兼最高執行責任者、グローバル・インダストリアル・グループ取締役副社長兼社長、エコラボ系列会社であるナルコ ウォーターの取締役副社長兼社長、国際地域部門の取締役副社長兼社長など、数々の上級幹部職を歴任してきました。また2011年には、エコラボによるナルコの買収に伴い、企業統合を指揮しました。
 
思慮深く有能なリーダーとして評価されており、2006年には、より良い世界の形成に尽力して成果をあげたことを称えて、世界経済フォーラムの「ヤンググローバルリーダー」にノミネートされました。

スイス出身で、スイスと米国の二重国籍を有しています。スイス連邦工科大学で工学の修士号を取得し、同大学の戦略的諮問委員会に名を連ねています。また、セントポール・ミネソタ財団の理事会メンバーでもあります。
 
キャリアの早い段階で、欧州宇宙機関のスペースシャトルプロジェクトに携わりました。夫妻には 2 人の子どもがおり、ミネアポリス・セントポールのツインシティ近郊で暮らしています。
 
ソーシャルメディアで Christophe Beck とつながる:

Christophe Beck(クリストフ・ベック)に関する記事

香港(クロップ)
企業による水不足への
スマートな対応

世界水の日を記念して、業界におけるより持続可能な水管理の方法について、エコラボ社長兼 COO の Christophe Beck が考察します。

COVID-19 パンデミック後の信頼回復への取り組みについて Christophe Beck が語る
World Strategic Forum で行われた POLITICO の Ryan Heath(ライアン・ヒース)とのインタビューで、Christophe Beck(クリストフ・ベック)が世界的な公衆衛生の危機におけるエコラボの信頼回復への取り組み、従業員、顧客、株主様へのサポートをどのように行ったかについて語ります。

関連の視点