世界中で

お客様が人と地球のためにより多くのことを行えるようお手伝いします。

2019年コーポレート・サステナビリティレポート

毎年 300 0億ガロン (1.1 0億立方メートル)の水を節約できるようお客様を支援します。これは、1 0億人分の飲料水の年間需要に相当します。

2019年コーポレート・サステナビリティレポート
食品

年間 20億人に高品質で安全な食品を十分提供できるようお客様を支援し、1100万件の食品媒介による疾患を防ぎます。

2019年コーポレート・サステナビリティレポート
衛生

毎年 90 0億回分の手の洗浄と116 00万人分の安全な医療ケアの提供を支援して、170万件以上の感染症を防ぎます。

2019年コーポレート・サステナビリティレポート
気候

温室効果ガスの排出量を 6 00万トン削減し、カーボン ニュートラルになるよう支援し、10 00万件の汚染関連の疾患を防ぎます。

インパクトを測定する

エコラボのオペレーション

お客様に与える影響に加えて、自社事業でも変化をもたらすことができると信じています。

水のポジティブ・インパクトを達成

世界の水問題は増大しています。 世界資源研究所(WRI) によると、このままでいくと2030年までに全世界で 56% の真水不足が発生すると言われています。エコラボが、水のポジティブ・インパクト達成を目標に掲げるのはそのためです。2030までに、当社は次のことを計画しています。

  • 50% 以上の取水量を回復し、当社が事業を行う高リスクの流域で、アライアンス・フォー・ウォーター・スチュワードシップ(AWS) 基準の認定を取得する
  • 当社全体の生産単位あたり 40% の水のポジティブ・インパクト(水効率と補充の組み合わせ)目標を達成する

コミットメントを達成するため、エコラボは次を実行しています。

高リスクの流域で水のポジティブ・インパクトを 50%回復するため 16 施設と協力する。

  • 今後 10 年間にわたる、高リスク流域にある施設での AWS の実装を合理化するプロセス改善プロジェクトの開発。これには、施設レベルの責任、標準化されたツール、詳細なタイムラインを推進する企業ガイダンスが含まれます。

次の方法で、ポートフォリオ全体で 40% の水のポジティブ・インパクト目標に取り組む。

  • 当社のパートナーが水管理のベストプラクティスを作成し、四半期レビューの先行指数として機能するのに役立つ施設レベルのツールの開発
  • 工場の水管理に役立つ最新の技術とサービスの紹介
  • グローバルサプライチェーン全体で専門知識とベストプラクティスを共有するための水平プロセスネットワークの作成
  • 施設に到達可能なチェックポイントを与える施設レベルの年間目標の設定
  • 意欲的で数値化可能なコミットメントと集団行動を通して、世界の水問題を撲滅する業界主導の動きに多国籍企業を結集させるため、国連グローバル・コンパクトが提唱する CEO ウォーター・マンデートと共同設立した Water Resilience Coalition との提携

エコラボのウォーター・スチュワードシップについての詳細


炭素排出問題への取り組み

気候変動に立ち向かうことは、もはや選択肢のひとつではありません。科学に基づいた目標は、企業にとって将来性のある成長への道のりを明確に定義します。 エコラボは、2030年までに炭素排出量を半減し、2050年までに炭素排出量実質ゼロを達成します。また、2030年までに再生可能電力 100% を実現させる予定です。

エコラボは以下を重視しています。

  • エコラボが所有または管理する排出源からの直接的な温室効果ガス排出(スコープ 1)
  • エコラボが所有または管理する排出源からの間接的な温室効果ガス排出(スコープ 2)
  • エコラボによる所有または直接管理ではないが、当社の活動に関連する排出源からの温室効果ガス排出(Scope 3)

コミットメントを達成するため、エコラボは次を実行しています。 

  • エコラボ施設でのエネルギー効率化プロジェクトの拡大
  • 米国とカナダにおけるエコラボの年間電力使用の 100% を占める仮想電力購入契約 (VPPA​​) において、再生エネルギー生産者であるクリアウェイ・エネルギー・グループ との提携
  • 2021 年開始のパイロットプログラムでサービス車両の電動化への移行
  • 2024 年までに、同様に意欲的な気候目標の採用を求めるサプライチェーン・パートナーとの協力

多様性に富んだインクルーシブな労働力を支援

当社では、個々の従業員、会社全体、お客様、コミュニティの成功にとって、 多様性と受容性に富んだ目的重視のチームが不可欠であると考えています。当社は事業展開する市場と同じか、またそれ以上の多様性を目指しているため、これらの目標は、当社の多様性、公平性、受容性を高める重要な変化を推進するにあたって意識的なステップとなります。

エコラボは以下を重視しています。

  • 国連による持続可能な開発目標 5:女性のためのジェンダー平等に取り組みます
  • 米国におけるエコラボの賃金平等を維持し、世界的に拡大します
  • ジェンダー平等という最終的な目標を掲げながら、管理職レベルで 35% のジェンダーの多様性を向上させます
  • あらゆるレベルで米国の労働力市場を完全に代表するよう努めつつ、管理職レベルにおける民族 / 人種の多様性を 25% 向上させます

コミットメントを達成するため、エコラボは次の措置を講じました。

  • 過去 5 年間で、女性とBIPOCの取締役数が 40% 増加
  • 米国有給育児休暇、養子縁組および不妊治療の補償、FlexWork プログラム、介護者向けリソースなどの包括的な福利厚生を導入
  • 第三者機関と協力して、2018 年と 2020 年の米国賃金平等監査を完了し、エコラボが会社全体で公平で競争力のある給与を提供していることを検証
  • すべてのマネジャー トレーニングに、多様性、平等性、受容性に関するコンテンツを採用 
  • 2022年までに当社の多様なサプライヤーへの支出を倍増するために、積極的なサプライヤーダイバーシティの目標を設定

多様で受容的なチーム構築に対するエコラボのアプローチについての詳細


「ゴールゼロ」を目指し、あらゆるエリアで安全性を最優先

当社の安全目標は常にインシデントゼロです。ゼロという目標は単なる数値ではありません。当社では、自社施設においてもお客様の拠点においてもトレーニングと教育を重視しています。エコラボのすべての拠点およびエコラボが活動する場所すべてにおいて、作業を開始する前にリスクを評価し、安全に関わる問題を発見して対処して、危険な状況を改善します。

エコラボは、2030年までに以下を目標としています。

就業時間中 100% 安全に業務に就けるよう、従業員 100% にトレーニングと教育を行う。