1. ホーム
  2. 企業責任
  3. 環境
  4. ウォーター・スチュワードシップの促進
  5. エコラボ・スマート・ウォーター・ナビゲーター

真水の需要が高まる一方、実際に利用できる真水の量は減少しています。こうした状況の中、企業にはより一層の水使用量削減が求められています。

スマート・ウォーター・ナビゲーターは、企業の水関連目標を業務の現場の結果に結びつけることにより、水レジリエンスを高め、企業としての責任を果たしながら事業の成長を達成できるよう支援します。

Digital Realty Logo
ケーススタディ:
Digital Realty - スマートな水管理を実現するアクションプランを構築

データセンター、コロケーション、相互接続ソリューションを提供する世界有数のプロバイダー、Digital Realty には、水戦略を改善し、全体的な水使用量を最小限に抑えるとともに、安定したパフォーマンスを確保して水関連のリスクから業務を守るという使命がありました。

Smart Water Navigator image on a tablet computer
スマート・ウォーターの取り組みを始めるには

スマート・ウォーターの取り組みを始めたばかりの方も、前年よりもパフォーマンスを向上させたいとお考えの方も、スマート・ウォーター・ナビゲーターが次の 4 つの明確なステップが効率的な水管理を可能にします:

  1. 確認:現在の水使用量と関連のリスクを評価する
  2. 目標設定:水リスク削減のための目標を設定する
  3. 導入:水関連目標を達成するための計画を作成し、ソリューションを導入する
  4. 追跡:水管理状況の経時的な変化を追跡する