Project Wet Shanghai Ecolab

人権

エコラボは、世界中の人々およびコミュニティの福利の向上に取り組んでおり、グローバルに展開する当社の事業およびサプライチェーン全体において人権の尊重を実現するため、ポリシーおよび手順を公式に打ち立てました。

エコラボのポリシー

エコラボは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」が定める、国際人権基準の達成に向けて尽力します。この原則には「世界人権宣言」および 1998年「労働における基本的原則および権利に関する国際労働機関(ILO) 宣言」が含まれます。当社は、労働者の基本的人権を保護する SA8000 基準に則ったポリシーおよび手順に従って企業運営を行います。エコラボは、開放的でお互いを尊敬できる職場環境の実現、適切な労働条件の確立、そしてあらゆる形における子どもの労働および強制労働、差別、汚職および収賄の撲滅を目指します。当社は、これらのポリシーおよび誓約の順守を評価するため、地域ごとのプログラムを設けています。さらに、エコラボはコンプライアンスおよび倫理的評価に取り組み、人権に関連するリスクのより深い理解に努めています。

  • エコラボの行動規範には、業務に関連する詳細な人権内容が含まれ、従業員は、潜在的な人権問題が見受けられる場合には報告するよう求められています。
  • サプライヤーの行動規範は、誠実性、倫理的および法的基準、コンプライアンス、守秘義務、贈答品、謝礼、および業務上の会食、労働者の権利および雇用法、健康と安全、環境、反収賄および汚職、適正な競争および供給材料の分野における、エコラボのサプライヤーに対する期待水準を定めています。
  • エコラボの人身売買防止ポリシーは、奴隷制および人身取引に対する当社の姿勢を明確にしています。
  • エコラボの倫理的な調達基準は、ベンダーおよびビジネスパートナーに対して、人権および倫理への期待水準、さらに英国の「現代奴隷法」および「カリフォルニア州サプライチェーン透明法」への取り組みを含む業務基準を明確に定めています。
  • エコラボの「紛争鉱物に関する指針」は、人権団体への支援を通して、中央アフリカ(特に、コンゴ民主共和国(DRC)および隣接する 9 か国)における暴力および非道行為の根絶を目指します。
  • 南アフリカに拠点を置く一企業として、エコラボは「グローバルサリバン原則」を支援・賛同します。さらに当社は、南アフリカの「雇用均等法」および、グローバルサリバン原則の強化を目的とする「ブラック・エコノミック・エンパワーメント政策」を順守しています。

詳細はこちらからご覧ください。

ポリシーおよび取り組みサプライヤーに関する指針

情報開示
児童雇用、女性やマイノリティーの人権侵害、その他 EEOC(米国雇用機会均等委員会)が定義する人権問題など、エコラボは人権に関するいかなる論争も公開する方針です。人権侵害により、エコラボが政府機関から罰金を科されたことは、過去 5 年間一度もありません。

誠実さおよび倫理

いつ、どこでビジネスを行う場合にも、最高の法的基準と倫理規範を維持するよう心がけています。エコラボの行動規範は、すべての幹部職、管理職、および従業員に適用され、行動規範と業務を行う国の法律に準拠した倫理的な決定を行い、行動するためのガイドラインとして機能します。

当社は、世界中の従業員の 100% がトレーニングコースの修了を証明し、全従業員が行動規範を読みそれを理解することを年間目標としています。2020年には、世界中の従業員のうち 99% がコースを完了しました。

従業員は、規範に関する懸念事項がある場合、自身のマネジャー、人事部、コンプライアンス部もしくは法務部、またはエコラボの第三者機関である行動規範ヘルプラインもしくは内外部の報告者が相談に利用できるウェブ報告サービスに報告することが可能です。規範に違反している可能性のある報告内容はすべて徹底的に調査され、緩和措置がとられます。また、当社には内部告発者プログラムがあり、報告された内容は必ず適時調査され、調査結果に基づいた対応策がとられます。


腐敗行為防止

エコラボでは、毎年行われる行動規範トレーニングにおいて、腐敗防止に向けたポリシーおよび手順を取り上げています。また、すべての地域および高リスク拠点の最高幹部に対しては、より詳細な腐敗防止トレーニングが直接行われます。

企業内の内部監査プログラムの一環として、エコラボは、業務手順に焦点を置いた監査を実施します。この監査には、腐敗防止プログラムに関連するテスト管理も含まれます。2020年には、全地域および事業部を対象とした三度の腐敗防止に特化した監査、そしてさまざまな評価が実施されました。結果として、大きなリスクはほとんど確認されませんでした。