David Collins

David Collins

資格:

  • 生物学理学士(首席)
  • 医薬品、パーソナルケア製品業界の微生物学者
  • 契約微生物事業の品質マネジャー
  • 品質システム、規制コンプライアンス、検証&品質保証における豊富な経験
  • 3月にトレーニングを受け、IRCA 認定監査人となる予定

David Collins
グローバルテクニカルコンサルタント



David Collins は生物学で学位を取得し、医薬品・化粧品に関する微生物学において 8 年以上の経験があります。ポーツマス大学で生物学を専攻して首席で卒業した後、シチリアにあるパレルモ大学の幹細胞研究所に勤務。化粧品業界で微生物の専門家としてのキャリアをスタートさせました。パーソナルケア製品の研究開発のため、エスティ ローダーグループに参画する第三者の化粧品メーカーの品質管理担当微生物学者として、さらに経験を深めました。保存料の有効性検査や定期的な微生物検査の管理のほかに、逸脱のレビューと評価、世界各国での現場監査の実施を担当し、製品製造とバッチリリーステストの品質評価と検証に携わりました。エスティ ローダー在職中に、微生物の早期検出法の導入などのプロジェクトを監督しながら、チャータード マネジメント研究所で第一線管理でのレベル 3 認定を修了しています。

グラクソ・スミスクラインでも微生物学者として、医薬品工場での環境品質保証を担当。無菌製造と非無菌製造の工程を A グレード(クラス 100)水準に組み込んだ経験があります。厳密な GMP 要件を遵守した経口製品、無菌製品、主要製品および安定製品の微生物モニタリングを実施したほか、クリーンルームや制御環境における微生物学上の傾向を定期的に分析しました。

エコラボ入社前は、契約微生物研究所の品質マネジャーを務め、UKAS 認定の品質管理システムの保守管理において、MHRA と FDA 双方で義務付けられている ISO 17025 ならびに GMP 標準の順守を徹底しました。当社は、医薬品業界向けにさまざまな微生物関連業務を手掛けており、その範囲は、ほとんどの工業における微生物学的技法、除菌剤のテスト/検証、および品質システム監査、リスク評価、検証やラボトレーニングなどの特殊サービスまで多岐にわたります。

David は、エコラボ ライフサイエンスのグローバルテクニカルコンサルタントとして 2019 年にエコラボに入社しました。このポジションは、現行の規制ガイダンスや業界のベストプラクティスに沿って、ライフサイエンスのクリーンルーム向けの特殊無菌室バイオサイドやクリーニング・除菌機器の正しい用途と使用法に関してアドバイスする専門的な職務です。

David は現在、IRCA 認定医薬品品質管理システム (PQMS) の GMP 暫定監査人の資格取得に取り組んでおり、「監査人」レベルに昇格するため CPD ログの完成を目指しています。